これは...

チョコを食べたいって言ったら、旦那がチョコレート効果を買って来てくれたんだけど、開けて見てちとびっくりした。





中味に比べて箱がでかい。

なんで中味の量に合わせて小さくしなかったんだろう?
何か意味があるのかな?

パッケージ詐欺の様な気分になってなんか微妙。
大きい箱で買う時お得な気分になるより、開けた時ガッカリする方が絶対大きいと思うんだけど。

高カカオポリフェノールが魅力で買ったわけだから値段や味は満足なのに箱のせいでなんかモヤモヤ。

耳掃除「耳かき棒 or 綿棒」どっち派?

耳掃除「耳かき棒 or 綿棒」どっち派?

 

今日は1日寝てばかりいた・・^^;

 

 

なんだろう・・

最近、疲れて仮眠しちゃうと起きれないことが多い・・

 

ということで、1日家にいたので、ネタなし。

ひさしぶりにお題にチャレンジ。

 

わたしは圧倒的に耳掃除は、耳かき棒です。

 

猫耳で、耳垢がねちゃっりなんですよね。

綿棒だ耳の外側について程度の耳垢ならいいけど、奥の耳垢だともっと奥に押し込んじゃいそうな気がするんだけど・・

 

実際はどうなんだろう?

 

耳掃除ってあまり頻繁にしないほうがいいらしいんだけど、ついついやっちゃうんですよね。

乾燥した耳垢の人は、大きいのが取れたら快感とかいうけど、私の場合は、大きさとかじゃなくて・・・

 

 

になる。^^;

 

 

大きな耳垢のとれる快感とやらはどんなものか興味はあるんだけどね。
 


絶叫マシーン、好き?嫌い?

絶叫マシーン、好き?嫌い?

昔は好きだったんですよね。

遊園地に行くと絶対というほど絶叫マシーンに乗っていたんですが、結婚してから妊娠して、絶叫マシーンを控えていたら



めちゃくちゃ怖くなってしまいました。(´・ω・`)


嫌いというよりも、苦手です。

考え方自体もちょっと変化しちゃって、「なんでわざわざお金出して、危険な思いをしなきゃいけないの・・」となっちゃったんですよね。

うーん・・

人が乗るのは別にいいと思うし、絶叫マシーンを楽しんでいる人をみると(いいな)とも思うんですよね。
絶叫マシーンに乗らないということは、せっかく遊園地にいって、楽しまないアトラクションを作ってしまっているということだからもったいない気がするのです。

・・でも・・怖い・・

昔はその怖さを楽しめたのに、今はなんでお金出して怖い思いをしなくちゃいけないの・・という思いのほうが強くてダメなんですよね。


同じ理由でダメになったのが「お化け屋敷」。

怖いのは大好きで、子供の時から一人でもお化け屋敷にはいっていたのに、妊娠中に避けていたら・・・


怖い・・めちゃ怖い・・

一度妊娠後に友達とはいったことがあるのですが、以前なら悲鳴なんてあげたこともなかったのに「きゃあ、きゃあ」悲鳴をあげてみかねたお化け役の人が途中までついてきてくれる・・という始末に・・・^^:

だから、子供の時は楽しんでいた絶叫マシーンとお化け屋敷は、今ではすっかり苦手になってしまったのです。
(怖い話や番組はいまだに好きだけど)

嘘と言えば・・

先日、「とっさについた嘘」というテーマに投稿しましたが、とっさの・・というわけじゃないですが、嘘と言えば日常的によく使っているのが

「チャチャがいってた」


チャチャというのは我が家のペットのアメリカチョウゲンボウ。

当然、鳥が話すわけじゃないんだけど、わたしがよくそういうこというのです。

帰りが遅くなったりすると

「今頃チャチャが、玄関でホウキ構えて待っているよ」

とか、いろんな使い方をします。


エッセイマンガを読んだときに、漫画家のとのこさんも自分の飼っている猫でそういうことをいっているようなのd、意外とペットLOVEの飼い主はよくやっていることなのかなと思ったのでした。

今我が家にはペットはこのチャチャしかいないのですが、以前はうさぎのアルちゃんがこういう使われ方しました。

何か嫌なことを頼むときも

「アルちゃんが旦那にやらせておけっていっていたよ」

みたいに使うと

「アルちゃんがいっているのなら仕方ないな」

みたいな流れになるんですよね。






 

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CM動画♪

月の履歴書

口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ 【モニタープラザ】1周年記念プロジェクト★作文コンテスト当選記念♪ fancrew マクロミルへ登録


木を植えよう♪

【探しています】

ペットー月のカケラ


selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

パイレーツ図鑑―歴史のなかの海賊たち
パイレーツ図鑑―歴史のなかの海賊たち (JUGEMレビュー »)
ジョン マシューズ, John Matthews, 前沢 明枝
フルカラーの美しい本。
各ページには秘密のMAPや指名手配書などドキドキするアイテム付。

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode